- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト神戸

コーティング後のお手入れ(洗車)方法

コーティング後のお手入れ(洗車)方法です。
コーティング施工後は汚れが落ちやすくなるため為、洗車時間が短縮されると思います。
キレイな状態を維持するために、定期的に洗車を心掛けてください。
※花粉、黄沙、台風後などは早めに洗車してください。

当店のコーティング後のお手入れ方法は、シャンプー洗車後水で流し、ボディーが濡れたままメンテナンス液をつけて拭き上げのみとなります。

コーティング後水洗いのみでいいなどと聞きますが大気中には排気ガスなどの油分が含まれていますのでシャンプー洗車にて油分を除去してあげてください。
更にボディーとの摩擦力を下げる潤滑剤の意味がありますので、洗車時には使用してください。

メンテナンスリキッドにはボディーの汚れを除去する力と付きにくくする効果がありますので洗車時には使用してください。

洗車時の注意点
・炎天下での洗車は避けてください。
※水道水には塩素やカルシウムなどのカルキ成分が含まれ洗車中に乾いてしまうと水シミの原因になります。

・マイクロファイバークロスなどはキレイなものを使用してください。
※使い古されたものは固くなりキズの原因になりますので早めに新しいものに交換してください。


手入れ1 5D4_0458
 
お手入れ方法(洗車)方法(ボンネットを使い説明します)

 


手入れ2 5D4_0459
 
1.車全体に強めの水をかけ、砂、埃大きい汚れを落としてください。
※高圧洗浄機使用は可能です。
 

  

手入れ3 5D4_0461

2.マイクロファイバクロスにシャンプーをつけ水をかけ泡立てください。
又はシャンプーをバケツに入れ、勢いよく水を注いで泡立てください。
 
 

手入れ4 5D4_0465

3.シャンプーで洗う
 
 
 

手入れ5 5D4_0467

手入れ6 5D4_0469

4.シャンプーを水で流す。 
 
 
 
 
手入れ7 5D4_0471

5.マイクロファイバクロスを水で濡らし、絞ります。
メンテナンスリキッドを3~5プッシュクロスにスプレーし、濡れたままのボディを拭きあげます。
ボンネットですと、これを2回行ってください。
※サイズにより調節してください。


手入れ8 5D4_0473

6.ボンネット半分拭き上げ
 
 
 
手入れ9 5D4_0475

7.マイクロファイバクロスを一度絞る
 
 
 

手入れ10 5D4_0476

8.マイクロファイバクロスにメンテナンスリキッドを再度スプレーし、残り半分拭き上げ完成です。

※今回はボンネット部分のみで説明させていただきました。
その他のパネルも同じように仕上げてください。


トピックスのご紹介